大阪府の岸和田市で不定期(約3ヶ月に一度)開催する走行会の告知やレポートをお知らせするブログです


by mini4wd-carry
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

量産型サスの作り方 そのEX グレードアップ編

※今回の作業は飛ばして次に行っても問題ありません。
この作業は失敗すると失うものが多いのでやる時は集中力のある時にやりましょう

EX 軸受けの追加

あのまま組み立ててもいいのですが、余った部品を利用することでベアリングを内蔵できる軸受けを追加することができます。

ただし

この加工は精度が命です。
ヘタに追加すると完成してもまっすぐ走らなくなるどころか最悪回らなくなります。
普通にFRPにオイルを染み込ませて使う方がよっぽど滑らかに回るとかザラにあるので自信がない場合やお試しで作る時はこの作業をスルーしてください。



と散々脅しておいて・・・
作業に入るのか?

ニアはい
  いいえ


本当にいいのか?

ニアはい
  いいえ


後戻りは出来んぞ?

ニアはい
  いいえ


・・・後悔はしないな?

ニアはい
  いいえ



ではいくぞ(レッドドラゴンさんちーっす)

今回用意するもの
・その1で作ったFRP
・その3で切り取った軸受け付近の部品
・やすり
・瞬間接着剤(低粘度)
※瞬間とか速乾とか書いてるやつはだいたいサラサラの低粘度です。今回は染み込み頼みです
・10mm以上のネジ:4本
・ワッシャー:4枚
・620ベアリング、またはメタル軸受け、または620フッソコートベアリング:4個
※写真は悪い見本を作る為に無しで作業しています
・ベアリング用ブッシュ:4個 凸←こんなやつ。犠牲になりやすいので使い古しのやつで可
・ナット:4個
・失敗したら作り直しだという覚悟
失敗に気付くのは組み立てて最後の最後です

まずはこれを用意
d0311443_18511049.jpg


FRPの画像の部分とベアリング受けの裏側をやすりで荒らします
d0311443_18512560.jpg

軸受けのいらない部分は図のように切り取ってしまって丸くしてもいいです
FRPはしっかり荒らしてください
荒らしたあとパーツクリーナーで洗い流してみてください
表面が黒く残っている部分は荒らせていないのでしっかり荒らしてください

GAME OVERポイント
力みすぎて荒らした場所が斜めになってしまっているとアウトです。慎重に

荒らしたあと、最後の削り粉は洗い流さずに付着させたままにしておいてください。

次にネジ類を用意します
d0311443_18514339.jpg


それを
ネジ頭→ベアリング→ベアリング用ブッシュ→軸受け→FRP→ワッシャー→ナット
の順番で通して軽く固定してください
ベアリング用ブッシュの向きは凸上の出っ張ってる部分が軸受けの段差にハマるようにしてください
逆だと意味ないです
d0311443_18515698.jpg

左:表側から 右:裏側から

この時
GAME OVERポイント
左上のようにズレているとアウトです
左下のようにド真ん中でキマったらガッチリ固定してください


あとは瞬間接着剤を横から染み込ませるようにして接着します
d0311443_1852667.jpg

くれぐれも軸受け以外の部品とは接着しないように
あふれないように少しずつ染み込ませて接着してください
固まったら固定用のネジ類を外してください

この時ベアリング用ブッシュと軸受けとFRPが接着しちゃってることがよくあります
奥まで染み込ませる前提で加工できている証拠です
そのブッシュは尊い犠牲となりました
軸受けとFRPはそのままにブッシュだけ何とかして剥がしてください
え、620もくっついた?もうその620は使えないよ諦めなボーイ


【ここから1枚写真ありません。後日アップします】→見失いました(ばかやろうですすみません)
あとは手元の物を見ていただければわかりますがこのままではFRPとシャフトが当たるのでFRP側の穴を2.1mm以上のドリルで拡張すれば完成
念のため拡張した内側と軸受けの部分にも接着剤を染み込ませればより頑丈になります


ではでは
[PR]
by mini4wd-carry | 2014-01-21 00:00 | 技術